TSUNAGU勉強会②「企画立案」

TSUNAGUでは、「TSUNAGUNIVERSITAS(ツナグニウェルシタス)」と称したメンバー主催の勉強会を開催しています。

今回(2020年12月12日)で2回目の開催となりました。

今回のテーマは「企画立案」です。

2021年2月27日に予定している「文化祭」にて行われるピッチ大会に向けての勉強会となりました。

本勉強会では「勉強会企画の方法を知り、実行する」を目的にしました。

そのため、全体構成は「勉強会の作り方を講義形式でインプットし、実際に小さな企画を作ることでアウトプットする」という流れになります。

作った企画を後日新たな勉強会として開催することまでで完結する勉強会です。

早速、内容に入っていきましょう。

下図は当日の目次です。

今回はどのような企画にするかのテーマ決めから始まり、企画の詳細を詰め、実施計画を立てることまで行います。

勉強会では問題解決を軸とする企画の立て方に絞り、その考え方を順を追って段階的にインプットしました。(下図は一例)

基本的なインプットが終わったら、企画内容をより詰めていくためのフレームワークを提示し、それに沿って企画を立てていきます。

(作り方のシートにフレームワークを掲載しました。内容が細かいため紙幅の関係上省かせていただきます。)

今回の勉強会を通し、2つの企画を新たに作成することができました。

それぞれ、TSUNAGU内趣味サークルの発足を取り扱ったもの、コロナ期の運動不足解消を取り上げたものと個性的な企画が出来上がりました。

これに関しては後日、メンバー向けに実施を検討しています。

2021年2月27日に予定している「文化祭」では、来年度TSUNAGUで行う新たな活動を決めるピッチ大会を開催します。

その際に、今回の勉強会の内容を元にTSUNAGUらしい企画が出来上がることを楽しみにしています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

TSUNAGUでは、今回実施した勉強会のように学びを得てそれを共有する機会を用意しています。

大学の垣根を越えて、長崎という文脈のもと共に活動したいと思われた方はこちらよりお気軽にご連絡ください。